赤ソバの赤、稲穂の黄金、ソバの白=29日、富士見町

赤ソバの赤、稲穂の黄金、ソバの白=29日、富士見町

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 花・紅葉

赤・白・黄金、秋の色 富士見・井戸尻史跡公園

信濃毎日新聞(2021年9月30日)

 富士見町境の井戸尻史跡公園にある広さ約7アールの畑で赤ソバの花が見頃を迎えている。近くには白いソバの花が咲く畑と、黄金色の稲穂が広がる田んぼがあり、3色の共演が楽しめる。

 赤ソバは高嶺ルビーといわれる品種。近くの農家などがまき始めて約10年目で、今年は花も良く咲いたという。今週いっぱいは楽しめそうだ。

 29日、山梨県南アルプス市から初めて訪れた八木靖さん(61)、民子さん(63)夫妻は「赤ソバの花は珍しい」と話し、秋ならではの一帯の風景を堪能していた。

今月のお得な国内ツアー びゅう

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース

蓼科・八ヶ岳・諏訪
イベント

蓼科・八ヶ岳・諏訪
スポット