まき割りをする山彦荘の伊藤さん

まき割りをする山彦荘の伊藤さん

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 アウトドア・レジャー

富士見の山小屋で冬支度 入笠湿原近くの「山彦荘」

信濃毎日新聞(2021年11月17日)

 富士見町の入笠湿原近くにある山小屋「山彦荘」で冬支度が進んでいる。14日を最後にグリーンシーズンの営業が終わり、予約営業となる冬場に備え、ストーブに使うまき割りや水道管の凍結防止対策を進めている。16日も山彦荘の伊藤高明さん(78)がおのでまきを割る音が響いた。

 一帯は12月の冬至のころから1月ごろが最も寒く、最低気温は氷点下17度前後になり、日中は日が差しても氷点下5度程度の日が多いという。積雪は多い年は1・2メートルほど。伊藤さんは「4月20日すぎまで冬が半年くらいあるが、積雪があるとスノーシューで自由に歩くことができ、別の魅力がある」と話した。

今月のお得な国内ツアー びゅう

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース

蓼科・八ヶ岳・諏訪
イベント

蓼科・八ヶ岳・諏訪
スポット