クレーンを使って取り付けられる大注連縄=5日午後5時9分、下諏訪町の諏訪大社下社秋宮

クレーンを使って取り付けられる大注連縄=5日午後5時9分、下諏訪町の諏訪大社下社秋宮

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 祭り・催し

御柱祭へのプロローグ「大注連縄」新調 諏訪大社下社秋宮

信濃毎日新聞(2021年12月6日)

 諏訪郡下諏訪町の諏訪大社下社秋宮で5日、神楽殿の「大注連縄(おおしめなわ)」を新調する作業があった。下社の氏子でつくる諏訪大社大注連縄奉献会などの約50人が参加。御柱祭の前年にだけ新調する習わしで、氏子らは7年目に一度巡ってくる来春の大祭に向けて機運を高めた。

 10月から作ってきた重さ400キロの綱2本を境内に運び込み、クレーンも投入してより合わせた。完成した大注連縄は長さ7・5メートル、最も太い部分が直径140センチ、重さ800キロ。日没に差し掛かるころにクレーンを使って神楽殿に取り付けられ、この日の作業は10時間に及んだ。

 観光で秋宮を訪れ、作業を目の当たりにした栃木県真岡市の五味渕博幸さん(53)は「まさかクレーンを使って作るとは」と大きさに圧倒された様子。奉献会の阪本正人会長(72)は「大注連縄の掛け替えは御柱祭へのプロローグ。新型コロナに負けないように熱い気持ちで作業した。立派な出来栄えで満足」と話していた。

今月のお得な国内ツアー びゅう

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース

蓼科・八ヶ岳・諏訪
イベント

蓼科・八ヶ岳・諏訪
スポット