八ケ岳連峰を背景に夕日を浴びて映える赤ソバの花=14日午後4時58分、原村払沢

八ケ岳連峰を背景に夕日を浴びて映える赤ソバの花=14日午後4時58分、原村払沢

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 花・紅葉

赤ソバと八ケ岳 原村で秋告げる共演

信濃毎日新聞(2022年9月15日)

 諏訪郡原村払沢の畑で、赤ソバの花が見頃を迎えている。近くの会田進さん(75)が7アールほどで栽培。14日、夕日を浴びると八ケ岳連峰を背景により鮮やかに見えた。

 7月28日に種をまき、例年より丈が高く育ったという。「八ケ岳と赤ソバが撮れる。わざわざ家を訪ねて許可を得てから撮る人もいる」と会田さん。他にもソバ数種類を計30アールほどで育てている。

 村商工観光課によると、村内のソバの花は例年より早い8月下旬から咲き始め、週内は楽しめそう。同課の清水知美さんは「あちこちで咲いている。紅葉も始まる。車窓などから楽しんで」と話した。

今月のお得な国内ツアー びゅう

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース

蓼科・八ヶ岳・諏訪
イベント

蓼科・八ヶ岳・諏訪
スポット