直径20センチほどの花を咲かせている大賀ハス=12日午前6時55分

直径20センチほどの花を咲かせている大賀ハス=12日午前6時55分

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 花・紅葉

古代の花見に感じるロマン 「大賀ハス」の花見頃 富士見町・井戸尻史跡公

信濃毎日新聞(2023年7月13日)

 長野県諏訪郡富士見町の井戸尻史跡公園で、古代ハスの「大賀ハス」の花が見頃を迎えている。約600平方メートルの畑内で咲いているのは300輪ほど。12日は葉に朝露が残る早朝から、ピンク色の花を楽しむ人たちが訪れ、爽やかな空気の中で満喫していた。

 ハスの花は夜明けとともに開き、午前10時ごろには閉じる。公園を管理する井戸尻考古館によると、2千年以上前の地層から出土した種から育った大賀ハスを2002年から育ててきた。7月下旬まで楽しめるという。

 山梨県南アルプス市から毎年訪れているという平原由美子さん(76)は「良い色の花。古代人もこのきれいな花を見ていたと思うとロマンがある」と話していた。

 15日午前6時半から、町観光協会が観蓮会を開く。ハスを使った茶の振る舞いやハスの解説を予定している。

今月のお得な国内ツアー びゅう

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース

蓼科・八ヶ岳・諏訪
イベント

蓼科・八ヶ岳・諏訪
スポット