強風で湖面のくいに打ち寄せた波のしぶきが凍ってできた氷の造形=25日、諏訪市渋崎

強風で湖面のくいに打ち寄せた波のしぶきが凍ってできた氷の造形=25日、諏訪市渋崎

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 その他

諏訪湖に「氷の花」 白波の造形

信濃毎日新聞(2018年1月26日)

 強い風と冷え込みがここ数日続いている諏訪湖のあちこちで、湖面に顔を出したくいなどに波しぶきが当たって凍り付き、不思議な氷の造形をつくり出している。25日に風下となった諏訪市渋崎では、湖岸から数メートル離れた場所にあるくいと、くいから伸びた枝を分厚い氷が覆っていた。

 諏訪のこの日の最低気温は氷点下7・9度。風も強く、未明には最大瞬間風速20・1メートルを観測した。日中も諏訪湖の湖面には白波が立ち、くいに当たった波がしぶきとなって飛び散っていた。

 写真を撮っていた諏訪市城南の会社員男性(57)は「冬の諏訪湖ならではの風景があるので、寒いけれど毎年楽しみ。まるで氷の花のようですね」。寒風の中で盛んにシャッターを切っていた。

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース