若手ら10人が生産する甘さ抜群の「ニュースイート」=7月2日、福井県福井市小羽町

若手ら10人が生産する甘さ抜群の「ニュースイート」=7月2日、福井県福井市小羽町

福井県 福井・永平寺 特産

コーン「ニュースイート」甘さ抜群 JA越前丹生が販売

福井新聞(2018年7月3日)

 JA越前丹生は7月2日、ブランド化を目指すコーン「ニュースイート」の目ぞろえ会を、福井県福井市小羽町のほ場で行った。生育は順調で、甘さは抜群。"朝採れ"が売りで、3日から8月末まで限定販売する。出荷は昨年を上回る7万本を見込んでいる。

 本格生産は3年目を迎え、若手農家ら10人が約4・8ヘクタールで栽培する。目ぞろえ会にはみずみずしいニュースイートが並び、糖度は18・6%。生産者は生でかじって味を確認した。

 昨年までは黄色と白の粒の「しあわせコーン」のみの栽培だったが、JAと農家は栽培時期に適した品種を選定し、大ぶりの「ゴールドラッシュ」3種をニュースイートに追加。2カ月にわたり、糖度が高い高品質のニュースイートを安定して出荷できる生産体制にした。

 4月上・中旬は低温で雨も多かったが、地温を高める対策などを行い、生育はおおむね順調という。害虫被害もなく、昨年に比べ10アール当たりの出荷量は増えると見込んでいる。生産2年目の永吉研太さん(38)は「甘くて新鮮。絶対においしいです」と話していた。

 水曜を除き毎朝収穫し、午前7時までに集荷。武生青果を通してユニー、平和堂、バローなどで販売する。JA越前丹生の直売所「丹生膳野菜」でも取り扱う。

福井・永平寺 ニュース