長野県 志賀高原・飯山・北信濃 その他

野沢温泉に「レジデンス寧」がオープン

信濃毎日新聞(2018年12月19日)

 野沢温泉村の「ノザワマネジメント合同会社」は、村の温泉街にホテル「レジデンス寧(やすし)」をオープンした。村内でのインバウンド(海外誘客)の高まりを受け、スキーなどで訪れる外国人もターゲットにする。

 客室は19室。ツイン(30~38平方メートル)やスイート(44~45平方メートル)の部屋があり、1泊2人で5万2千円(朝食付き)。浴場は外湯(共同浴場)の一つ「真湯(しんゆ)」から温泉を引き、源泉かけ流しの湯を楽しめ、貸し切りもできる。温泉街で宿泊施設を経営する野沢ホスピタリティの社員らが運営に携わっている。

 ホテル名の寧は、ゆっくりと安らぎの一時を過ごしてほしい―という思いを込めたという。ホテルオーナーでシンガポール国籍のエレイン・テオさん(52)は「快適な滞在を楽しんでほしい」と話している。

志賀高原・飯山・北信濃 ニュース