福井県殿下地区で捕獲されたシカ肉を使ったカレーを先行販売する松平さん(右)ら=福井県福井市中央公園

福井県殿下地区で捕獲されたシカ肉を使ったカレーを先行販売する松平さん(右)ら=福井県福井市中央公園

福井県 福井・永平寺 グルメ

駆除したシカ、カレーに変身 GW以降に販売

福井新聞(2019年4月27日)

 福井県福井市殿下地区の里山の活性化に取り組む有志グループ「こしのくに里山再生の会」が、害獣として駆除したシカ肉を使った「鹿カレー」を開発した。肉は、特製スパイスで下処理して特有の臭みを消し、柔らかな食感にした。ゴールデンウイーク以降に地区内の農家レストラン「かじかの里山殿下」で提供する予定。田畑を荒らす「厄介者」が地域おこしに一役買いそうだ。

 シカやイノシシを捕獲している同会は、肉を利用したメニュー開発に取り組んでいる。鹿カレーは、イノシシ肉を使ったラーメンに続くジビエメニュー第2弾。春から夏にかけて肉がおいしくなるシカを活用しようと2月に開発を始めた。イノシシは春から脂が落ちるため、ラーメンの販売は3月で終了した。

 数種類の調理法を試し、脂身が少ない肉質が煮込み料理に向いていることからカレーにたどり着いた。クミンなどを調合した特製スパイスを肉にもみ込んで下処理。イノシシとシカの骨から取ったスープで、焼き目を付けたシカ肉と野菜を煮込んだ。幅広い世代が楽しめるよう辛さは抑えた。

 今月上旬に市中央公園で開かれたイベントで先行販売し、スパイシーな香りに誘われた人たちが列をつくるなど好評を得た。カレーが大好きという児童は「シカ肉は歯応えがあって最高。おいしい」とうれしそうに頬張っていた。

 同会の松平成史代表理事(45)は「ジビエに価値を見いだし、今後も地域活性化の材料として活用していきたい」と話している。

福井・永平寺 ニュース