諏訪湖でカヤックを楽しむ人たち

諏訪湖でカヤックを楽しむ人たち

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 アウトドア・レジャー その他

返礼に「来てもらえる」メニュー充実 諏訪市ふるさと納税

信濃毎日新聞(2019年5月17日)

 諏訪市は、ふるさと納税の返礼品として、市内でアウトドアの体験ができるメニューを増やしている。昨年12月に諏訪湖周や諏訪大社を巡るサイクリング体験、4月には諏訪湖でカヤックができる返礼品を追加し、体験型は七つになった。市地域戦略・男女共同参画課は「諏訪の自然や文化を楽しんでもらうことで、諏訪のファンを増やしたい」としている。

 市は当初、返礼品に高級腕時計や市郊外の霧ケ峰を商品名とするエアコンなどを扱い、2016年度は約5億4千万円の寄付額を集めた。しかし、総務省の通知に従い、高額商品を17年9月に返礼品から外すと寄付額は減少。17年度は約2億1400万円、18年度は約8千万円だった。

 こうした事情を踏まえ、市は寄付額を増やそうと「商品を贈るのではなく、実際に諏訪に来てもらえる返礼品」に着目。18年度までに、諏訪湖でのワカサギ釣り体験や、8月の諏訪湖祭湖上花火大会の桟敷席などを新たに返礼品に加えた。今後は、霧ケ峰高原でのキャンプやスキー体験も加える予定だ。

 19年度は寄付額1億円を見込んでいる。同課は「体験を通じて諏訪を好きになってもらうことは定住促進にもつながる」としている。

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース

蓼科・八ヶ岳・諏訪
イベント

蓼科・八ヶ岳・諏訪
スポット