桜やモミジの葉が色づいて秋の装いとなった諏訪湖畔

桜やモミジの葉が色づいて秋の装いとなった諏訪湖畔

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 花・紅葉

諏訪湖畔、秋の装い 下諏訪の桜とモミジの並木

信濃毎日新聞(2019年10月31日)

 下諏訪町の諏訪湖畔にある桜とモミジの並木の紅葉が進んでいる。晴天となった30日は、訪れた人たちが散歩をしたり弁当を広げたりしながら、秋の装いとなった湖畔の風景を楽しんでいた。

 並木があるのは町漕艇場から高浜公園前の交差点までの町道約1・6キロ。葉が緑から黄、赤とグラデーションになっている。桜の葉は一部で散っているが、モミジは色づき始め。モミジは例年11上旬には真っ赤に染まる。

 諏訪湖畔へよく散策に訪れるという上田市の小林正光さん(70)は「この通りは一段と紅葉がきれい。落ち葉を本に挟もうかな」。鮮やかな赤の桜の葉を拾っていた。

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース

蓼科・八ヶ岳・諏訪
イベント

蓼科・八ヶ岳・諏訪
スポット