生徒の夢や希望が込められたステンド絵画が並ぶ作品展=3月2日、福井県福井市のJR森田駅

生徒の夢や希望が込められたステンド絵画が並ぶ作品展=3月2日、福井県福井市のJR森田駅

福井県 福井・永平寺 鉄道 その他

中学生の夢乗せたステンド絵画 北陸線・JR森田駅で披露

福井新聞(2020年3月3日)

 福井県森田中3年生の卒業作品53点を並べた展覧会が3月2日、JR森田駅内のギャラリーで始まった。未来への希望や夢を、色とりどりのカラーセロハンを使ったステンドグラス風の絵画で表現している。6日まで。

 3年生は「○年後の私へ」をテーマに手紙を書き、つづった内容に合うようなステンド絵画を制作。駅利用者や生徒を見守ってきた地元住民に見て楽しんでもらおうと展示することになった。

 男子生徒は、手紙で5年後の自分に向け「どんなに大変でも前を見続けて下さい」とエールを送り、空へ羽ばたいていく不死鳥を描いた。医師になることが夢という女子生徒は、未来への希望を太陽の光に照らされた一輪の白いユリで表現した。2日は、3年生が作品を設置する予定だったが、新型コロナウイルス感染防止のため午後から休校となったため、教諭3人で設置した。

 竹澤宏保教頭は「夢や希望を持って巣立っていく子どもたちの思いを感じ取ってほしい」と話していた。

福井・永平寺 ニュース