発売したエコバッグを手にする坂口さん

発売したエコバッグを手にする坂口さん

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 その他

エコバッグ、原村らしく 地図とセロリや阿弥陀岳...

信濃毎日新聞(2020年7月10日)

 原村の八ケ岳自然文化園は9日、村の地図や名産のイラストを描いたエコバッグの販売を同園で始めた。今月始まったレジ袋の有料化に合わせて発売。発案した村地域おこし協力隊の坂口陽史(あきみ)さん(24)は「観光客だけでなく、地域の人にも使ってほしい」と話している。

 バッグは縦38センチ、横35センチ。帆布製で生地が薄いため、折り畳んで携帯しやすい。イラストの原案は坂口さん。セロリや阿弥陀岳など、村の名産や名所を地図と一緒にデザインした。同園は2月に、このイラストをあしらったTシャツを発売している。

 バッグは1個400円(税込み)で、1枚3千円(同)のTシャツに比べて安い。そのため、地元住民の普段使いや土産物としての需要に期待している。坂口さんは「多くの人に手に取ってもらい、原村のことを知ってほしい」と話している。

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース

蓼科・八ヶ岳・諏訪
イベント

蓼科・八ヶ岳・諏訪
スポット