車山高原スカイパークスキー場の緩斜面に開設されたキャンプ場

車山高原スカイパークスキー場の緩斜面に開設されたキャンプ場

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 アウトドア・レジャー

車山、ゲレンデがキャンプ場 高原の秋や夜空を楽しんで

信濃毎日新聞(2020年9月19日)

 信州綜合開発観光(茅野市)が運営する「車山高原スカイパークリゾート」は19日、車山(1925メートル)の麓にあるスキー場のゲレンデに、キャンプ場と車中泊スペースを開設する。新型コロナウイルスの感染拡大で、少人数で楽しむアウトドアへの関心が高まる中、同社は「高原の雰囲気や夜の星空を楽しんでほしい」とアピール。スキー場のグリーンシーズンの新たな活用策として打ち出す。

 比較的緩やかな斜面のゲレンデ(縦横各100メートル)にテントやバーベキュー、炊事用のスペースなどを整備。初心者でも利用しやすいよう、バーベキューグリルや椅子を貸し出し、各区画で電源を使えるようにする。今シーズンはテント5区画、車中泊2区画を貸し出し、来春以降は区画を増やす予定だ。

 キャンプ場は、八ケ岳中信高原国定公園の中にある。同社の営業課長鮎沢聡さん(44)は、新型コロナの影響で息が詰まるような暮らしをしている人も多いとし、「夜には天の川がはっきり見える。高原の景色を見て、草原を感じながら過ごしてほしい」と利用を呼び掛けている。

 今年の利用は11月3日まで。事前予約が必要で、1区画1500円。たき火は禁止。調理はガスや電気器具の利用ができる。問い合わせは同リゾート(電話0266・68・2626)へ。

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース

蓼科・八ヶ岳・諏訪
イベント

蓼科・八ヶ岳・諏訪
スポット