乾燥した蚕のさなぎと「シルクうなぎ」(上)

乾燥した蚕のさなぎと「シルクうなぎ」(上)

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 グルメ 特産

蚕のさなぎが餌「シルクうなぎ」 岡谷らしい「うな重」販売

信濃毎日新聞(2020年12月18日)

 岡谷市川岸東のうなぎ料理店「観光荘」は、蚕のさなぎを餌にしたウナギを「シルクうなぎ」として18日から売り出す。製糸業で栄えて「シルク岡谷」と呼ばれた岡谷らしいウナギをと考案。脂はしっかり乗っているが、あっさりしているのが特徴という。

 岡谷にはうなぎ料理店が多いが県外産や輸入に頼っている。同社の宮沢健社長(43)は岡谷にこだわったウナギを提供したいと今年2月、愛知県の養殖業者「夏目商店」に生産を依頼。餌のさなぎは、岡谷市の「宮坂製糸所」が約5万匹を用意した。5月から通常の魚粉などの餌に粉末にしたさなぎを混ぜて与え、10月に5700匹(1・6トン)を水揚げした。

 宮坂製糸所の高橋耕一社長(54)は「さなぎもシルクの一部。高級食材のウナギの餌に生かすことで、さなぎの価値が高まることを期待している」と話している。観光荘は18日から岡谷本店(岡谷市)と松本店(松本市)で、それぞれ1日50食限定でシルクうなぎのうな重を4380円(税込み)で販売する。

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース

蓼科・八ヶ岳・諏訪
イベント

蓼科・八ヶ岳・諏訪
スポット